忍者ブログ

車プラモデルブログ

車プラモデルブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フェラーリ 250 テスタロッサ


フェラーリ 250 テスタロッサ
1958年、スポーツカーカテゴリーの排気量は3000cc以下に制限され、これに対応した主力車種として、フェラーリは250テスタロッサを開発しました。特徴ともいえる流麗なボディフォルムはカロッツェリア・スカリエッティのデザイン。専用シャーシは、鋼管を溶接で組み上げた頑強なフレームで、パワーユニットは、新たに開発した3リッター60度V型12気筒エンジンを搭載。エンジンのカムカバーが赤い塗料で塗られていたことからテスタロッサ(赤い頭)と呼ばれるようになりました。1958年スポーツカー世界選手権の開幕戦、アルゼンチンブエノス・アイレス1000kmレースに、フェラーリは5台の250テスタロッサで参戦。1位2位、そして4位を獲得。さらに第2戦、第3戦も優勝し三連勝を達成しています。さらに、同年のル・マン24時間レースには、10台の250テスタロッサが参戦。トップ争いを制し、4年ぶり3度目のル・マン24時間レースの栄冠に輝き、1958年のスポーツカー世界選手権はフェラーリの圧勝で終えました。キットは完全新金型で250TR ’57/’58を再現。ボンネットは取り外しが可能で、内部のエンジンもパーツ化。シャーシはパイプフレーム構造で、足回り、フロア、エンジンを組み付け、ボディを被せる構造。右側のシートを覆う幌は選択式。ホイールはボラーニのスポーク&2本出しのホイールロックをセット。



ラジコン カー買うならランチボックスが人気!
バイク模型通信
戦車模型FLASH
youtubeゲームとかアニメの無料動画集め
PカッターII 通販でラジコンを比較!ホビーマッチ・ラジコン館
PR

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R